学校・家庭・地域の連携

 近年、核家族化の進展、少子化、地域のつながりの希薄化など、子どもたちを取り巻く環境は大きく変化しており、多様化・複雑化するニーズ・教育課題に、学校だけで対応することは困難となっています。
こうした状況の中、子どもたちの教育をより充実させるためには、学校だけではなく、家庭・地域との連携が重要であり、学校、家庭、地域の役割分担を明確にし、教職員、保護者、地域住民の共通理解を図った上で、それぞれの責任を果たしていく「共育」が必要になります。(H28.3月「学校・家庭・地域のあり方について」の提言より)

   「学校・家庭・地域のあり方について」の提言 PDFファイルはこちらで閲覧できます。
     学校・家庭・地域の連携.pdf

           『ノーメディアデーの取組』について
   高瀬小学校では、毎月23日をノーメディアデーに設定し、読書や家族団らんの時間を推奨しています。
   5/23のノーメディアデーの取組について、各家庭から心がほっこりするたくさんの声をいただきました。

   ノーメディアデーの取組の声はこちら →  300523ノーメディアデーの取組.pdf

      11/23のノーメディアデーの取組について、各家庭からたくさんの声をいただきました。定着してきている
  様子がうかがえます。

   ノーメディアデーの取組の声はこちら →  301123ノーメデイアデーの取組.pdf

  働き方改革~保護者・地域の皆様へ~.pdf