学校教育方針

富岡市立高瀬小学校教育方針 2019  BMW PlanⅡ「チーム高瀬小」 


【基本理念】 地域に根ざし、信頼され、魅力ある学校づくり と 「か・が・や・く 児童」 の育成
【校  訓】『 礼を正し 場を清め 時を守る 』


1 学校教育目標
基本目標】  豊かな感性と自ら学ぶ意欲をもち、未来を拓く高瀬っ子の育成
具体目標  のしく    しこく    いいっぱい
目指す児童像】 か・が・や・く児童のイメージ像
 のしく>
 ① 相手の気持ちを察して行動でき、折り合いがつけられる子
 ② いつでもどこでも返事や挨拶がしっかりできる子
 ③ 思いやりや感謝の心で人や物事に接することができる子
 ④ 失敗や困難に負けず、強い心で何事にも取り組む子
 しこく>
 ① 他者との違いを理解し、自分の意見や考えをしっかり言える子
 ② 夢や希望の実現に向けて目的意識をもって学び続ける子
 ③ 互いのよさを認め合い、学び合い、協働できる子
 ④ 学年相応の学力を身に付けるまで根気強く学習に取り組む子
 いいっぱい>
 ① 危険を予測し、主体的に判断し、命を守る行動がとれる子
 ② 運動に親しみ、健やかな体と康らかな心を自ら鍛える子
 ③ 和を大切にし、集団の一員としての役割をきちんと果たす子
 ④ 自分のよさや課題に気付き、主体的・創造的に挑戦する子

目指す教職員像
 ① 同僚や児童と共に学び、夢を語り、人間性豊かな教職員
 ② 児童、保護者等から信頼され、日々成長する教職員
 ③ 報告・連絡・相談を密にし、互いに切磋琢磨する教職員
 ④ 和を大切にし、心身ともに健康でさわやかな教職員

2 学校経営の方針

基本方針
 「自立」「協働」「創造」を学校経営の基盤に置き、児童の「生きる力」を育むとともに、地域に根ざした教育活動を行
い、家庭や地域から信頼され、魅力ある学校をつくる。 

具体的方針
(1) 指導と実践と評価のトライアングルを意識した教育活動の推進
 ①校訓『礼を正し 場を清め 時を守る』を日常の教育実践における行動指標とし、児童も教職員も意識して取り組む。教育指導に当たっては、下記の事項に留意する。


    子供をものさしに考え、子供にとってよいことは、労を惜しまない教職員集団の形成
    ☆ 自立を意識し、最高環境ではなく最適環境で子供を育てるための知恵と仕掛けづくり
   ☆ 子供は将来、社会人となり、職業人となり、親となることを意識した教育活動の推進


②『か・く・し・あ・じ』は、目立たないが料理の味を引き立てるために必要な調味料のこと。
  児童のよさや可能性を引き出すために、教師が腕をふるう行動目標とする。
③『か・が・や・く』は、◇1感じる心 ◇2頑張る心 ◇3優しい心 ◇4くじけない心 の4つの心が基盤となる。教育活動全体を通して醸成し、本校が目指す児童像の評価指標としても活用する。

(2) 生きる力を育む指導の充実
① 確かな学力の向上
ア 基礎的・基本的な知識及び技能を確実に習得できるように、伸ばしたい(身に付けさせたい)資質・能力を明確にした「考え、表現させる授業」の充実を図る。
イ 身に付けた知識・技能を活用し、課題を解決するために必要な思考力・判断力・表現力等を育むために教育環境を整備し、体験的な学習や問題解決的な学習を積極的に取り入れる。
ウ 主体的に学習に取り組む態度を養い、多様な人々との協働を促す教育の充実に努める。
② 豊かな人間性の育成
ア 「感じる心」「頑張る心」「優しい心」「くじけない心」を教育活動全体を通して醸成するとともに、道徳教育や「かがやきタイム」を中心とした自問活動等と融合させ、心の教育を推進する。
イ 「褒める」「認める」「励ます」など肯定的な指導を積極的に取り入れ、児童の自尊感情や自己有用感を高め、未来を拓(ひら)くための夢や希望の実現に向けて努力する態度を育てる。
ウ 校訓「礼を正し、場を清め、時を守る」を学校全体に浸透させるため、その意義や価値を理解させる指導を繰り返し行い、正義と秩序を保持し、いじめや差別のない学校風土を構築する。
③ 健やかな体と康らかな心の育成
ア 運動に親しむ環境づくりを行い、体を動かすことの楽しさを味わわせ、できた喜びや記録が向上した喜びを実感させ、自ら進んで心身を鍛える子を育成する。
イ 「早寝・早起き・朝ごはん」や「徒歩通学の推奨」など、健康づくりの基盤となる基本的な生活習慣の確立を目指し、家庭と連携して推進する。
ウ 自分の命は自分で守る意識をもたせ、危険予測・回避能力を育成するとともに、児童が安全で安心な学校生活を送ることができるように安全教育を充実する。

(3) 教職員の資質能力の向上
① 危機管理に対する「知識と意識」を涵(かん)養(よう)し、報告・連絡・相談を密にして的確な記録に努め、すべての教職員が危機を未然に防ぐための対応能力を養う。
② 服務規律の確保を徹底するとともに、教職員は教育の専門家として互いに切磋琢磨し合い、協働のための配慮(のりしろ)を大切にして教師力の向上に努める。
③ 人事評価制度や各種研修会等を職能成長の機会と捉え、学校運営に積極的に参画することを通して教職員としての資質能力の向上に努める。

(4) 家庭・地域社会・関係機関との連携
① 各種通信や学校Webページ等を積極的に活用して情報発信し、学校理解を促すとともに、学校・家庭・地域社会の役割を明確にした連携に努め、社会に開かれた学校経営を推進する。
② 学校や地域の実態等を踏まえ、PTA活動と学校支援ボランティア並びに高瀬地区地域づくり協議会の諸活動とを融合させ、家庭や地域の人々の協力を得ながら教育活動の実施に必要な人的・物的体制を整え、価値ある教育活動を推進する。
③ 学校支援センター「ほっこり庵」を機能させ、学習支援・環境支援・生活支援・安全支援・行事支援・情報支援等の学校支援ボランティアを学校教育に積極的に取り込むことにより、心豊かで人とのかかわりを大事にする児童を育てる。

(5) 幼保・小・中学校間連携の充実
① 各校の年間行事予定表による情報交換や校務支援システム(C4th)南中校区掲示板を活用した日常的な情報提供並びに定例校長連絡会議を毎月実施するなど、互いの学校運営資料等について適宜情報交換を行い、学校間連携に努める。
② 中1ギャップを解消するため、義務教育9年間を見通した価値ある教育活動を行うとともに、校区内の3園との交流を計画的に実施し、小学校教育への円滑な移行に努める。

(6) 教育環境の整備・充実
① 適正な公金の取扱いと的確な予算執行に努め、施設設備等、教育環境の整備・充実を図る。
② 教職員が時間を意識した働き方ができるよう学校運営の在り方を「効率化」「最適化」の観点から見直し、実効性のある取組を行う。
③ 教職員の心身の健康保持のため、コンピュータを利用した記録ファイル等により教職員の労働時間を的確に把握し、ワーク・ライフ・バランスへの意識の高揚に向けた働き方改革を行う。

(7) 特別支援教育の充実
① 特別支援学級に在籍する児童だけでなく、特別の配慮を必要とする児童については、家庭・地域及び医療や福祉・保健・労働等の業務を行う関係機関との連携を図り、中・長期的な視点で児童への教育的支援を行うために、個別の教育支援計画を作成し、活用する。
② 各教科等の指導に当たっては、県立富岡特別支援学校等の助言又は援助を活用しつつ、個々の児童の実態を的確に把握して個別の指導計画を作成し、活用する。

 

3 本年度の努力点
(1) 確かな学力の向上
① 学力向上委員会プロジェクトチームを中心に伸ばしたい(身に付けさせたい)資質・能力を明確 にした「考え、表現させる授業」に取り組み、互いの授業を公開し合い、授業力を磨き合う。
② 各教科で『高瀬小スタンダード』を徹底するとともに、既習事項や学んだことを手がかりに「考え、表現させる学習活動」を充実させ、学びの質を高める授業づくりを組織的に実施し、より一層の児童の学力向上に結び付ける。
③ 学年に応じた教科担当制を取り入れ、「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けた授業改善を通して、創意工夫を生かした特色ある教育活動を展開し、より一層の学力向上に努める。
④ 業前活動や指導法の工夫・改善を図り、基礎的・基本的な知識・技能を確実に習得させるとともに、思考力・判断力・表現力等、活用する力の向上に努める。
⑤「家庭学習の手引き」を活用した主体的な学びを推奨し、具体的な学習の仕方を指導するとともに授業と授業をつなぐ家庭学習や個に応じた学習課題の提供等により、家庭学習の習慣化と 確かな学力の定着に努める。
⑥ 繰り返し学習や定期的なテストの実施を通して漢字力や計算力を高めるとともに、評価資料集(県教委発行)の問題を意図的・計画的に活用し、各学年で学習する基礎的・基本的な学習が確実に身に付けられるようにする。
⑦ 一人一人の学習状況を適切に把握し、個に応じた個別指導や補充学習・発展学習の充実に努め、「できた」「分かった」という実感を伴った学習指導となるよう工夫する。

(2) 豊かな人間性の育成
① 「ぐんまの子どものためのルールブック50」に記載されている人として生きていくための基本的なルールを身に付けさせるため、朝の会・帰りの会、道徳科、学級活動、生活科等の時間を活用し、児童の発達段階に応じて適切に指導する。
② 「高瀬小学校いじめ防止基本方針」に基づき、児童会が主体となった「いじめ防止活動」を実施し、児童自らがいじめのない学校を築くよう努める。
③ 児童の道徳性を育むため、第2~6学年でローテーション道徳を行い、考え、議論する道徳を推進する。
④ 特別活動や総合的な学習の時間等を活用し、児童主体の学びを体感させる中で児童同士が互いのよさを感じ、認め、励まし合いながら、よりよい人間関係を築くことができるようにする。
⑤ 業前活動での読書や読み聞かせ、家庭におけるノーメディアデー(毎月23日)の設定等を通して読書習慣を形成し、豊かな人間性の素地を培う。
⑥ 教職員のキャリア教育に関する理解を深め、児童が将来、社会的に自立できるように最適環境を工夫し、人としての生き方にかかわる能力を身に付ける教育活動を推進する。

(3) 健やかな体と康(やす)らかな心の育成
① 体育科においては十分な運動量を確保した授業実践に努めるとともに、休み時間や放課後は児童が校庭で元気よく遊ぶよう働きかけ、可能な限り教職員も一緒に遊ぶように努める。
② 水泳・陸上・縄跳び等、季節に応じた運動に積極的に取り組ませ、体力向上に結び付ける。
③ 運動・睡眠・食事に関する意識を高め、自らの健康を自己管理できる児童を育てる。
④ 人権旬間における活動内容を充実させ、人権感覚や受容と共感の大切さを学び、相手の気持ちを察する心や生命を大切にする心を育てる。
⑤ 「かがやきタイム」を中心とした自問活動を充実させ、5つの心を磨くことにより、気付き・考え・行動できる児童を育てる。

(4) 積極的な生徒指導の推進
① 関係者同士で報告・連絡・相談を日常的に行い、全教職員が、児童の心に寄り添った積極的な生徒指導を推進し、いじめや問題行動の未然防止や早期発見、早期解決解決に努める。
② 「生徒指導の鉄則」「保護者対応の鉄則」に基づき、的確な初期対応と迅速な判断、組織的な対応ができるよう、教職員一人一人の危機管理意識を高める。
③ 通常学級に在籍する行動が気になる児童について状況を把握し、適正かつ的確な指導を行う。
④ スクールカウンセラーの協力を得て、各学年の状況に応じてソーシャルスキルトレーニングや構成的グループエンカウンター等を実施し、望ましい人間関係づくりのスキルを身に付ける。