学校教育方針

令和2年度高瀬小学校経営方針

1 学校教育目標
【基本目標】  豊かな感性と自ら学ぶ意欲をもち、たくましい高瀬っ子の育成
【具体目標】
 ○たのしく 豊かな人間性(進んで挨拶・自己有用感・おもいやり・折り合い)
 ○かしこく   確かな学力(進んで考え表現する・夢に向かって努力・学び合い)
 ○せいいっぱい 健やかな体(進んで運動・安全・根気)

2 学校経営方針             
 ○自立と共生を目指して
  自立:自分で見つけて、自分でできる
  共生:真に他を認め、関わり合いながら生活する

   全教職員が誇りと責任をもち、支え合い、積極的なつながりを大切にしながら、子どもたちの成長のために、一丸となって教育活動に取り組む
~子ども一人一人の20年後の姿を意識した学校経営の推進~

 (1)信頼され魅力ある学校つくりのために、教育職員としての誇りと学校運営への参画意識をもち、強みを生かし弱みを互いに補い合いながら組織的な学校運営を推進する。

(2)子どもたちが生きる力を着実に身に付けられるよう、学習指導要領の趣旨を理解し、主体的・対話的で深い学びの実現に向けた授業改善に取り組む。

(3)子どもたちのもつ能力を十分発揮できるよう、教職員の専門性や指導力の向上を図る。

(4)子どもたちが安全、安心して学校生活が送れるよう、安全管理・保健指導を充実する。 

(5)社会との連携・協働を充実させるために、地域や保護者と目的を共有し、地域の資源を意図的・計画的に活用し、社会に開かれた教育課程を推進する。

(6)働き方改革を推進し、教職員の生活を充実することで、子どもたちに対してより効果的な教育活動を提供できるようにする。

 

鉛筆高瀬小教育構想図 右 kyouikukousou.pdf