高瀬小ダイアリー「ときめき」

高瀬小日記

お祝い 高瀬小卒業式~心に残る思い出の卒業式に!~

 玄関前のサクラが満開となりました。令和最初の卒業式は、異例づくしですが、春は足音を立てて近づいています。
 在校生不在の中、教職員が心を込めて卒業式の準備をしました。きっと卒業生の心に響くことでしょう。

  

  

  

 
 ☆教室の黒板に各担任が心を込めて描きました。飛翔卒業生!

0

期待・ワクワク 6年生ありがとう!

 「6年生、今までありがとう!」

 1年生から5年生までの383名が、この1年間の6年生に対する思いを歌や合奏などで表しました。普段恥ずかしくて口にできない思いを言葉や態度、行動で表すことは大事です。この日は、6年生にしっかりと伝わったのではないかと思います。卒業式に参加できない在校生からの熱い思い「ありがとう!」が会場全体にあふれていました。

  

   

  

  

  

  

  

0

注意 い・か・の・お・す・し

 いか……‥知らない人についていかない 

  の……‥他人の車にらない

  お……‥おごえを出す

  す……‥ぐ逃げる

  し……‥何かあったらすぐらせる

 富岡警察署の方やスクールガードリーダーのお話や実際の逃げる訓練を行いながら、不審者に対する避難訓練を行いました。

 警察の方から「特に お・す が大事である」と教えていただきました。

 スクールガードリーダーの方からは、「普段の挨拶を通して大きな声を出す練習をしておくこと」を繰り返し指導していただきました。

  

  

0

2月20日の朝の集会

 20日の朝の集会は盛りだくさんでした。環境委員会の発表、企画委員による「南中校区いじめ防止会議」で話し合われたことの発表、そしてボランティアチューター今井君のお別れの挨拶がありました。

 「環境委員会がどんな仕事をしているか知っていますか」

クイズを通して、環境委員会は活動の内容を全校児童に知らせていました。

  

企画委員からは、1月末に行われた「南中校区いじめ防止会議」で決まったこと、実行してほしいことを伝えていました。

 

 そして、ボランティアチューターとして児童と交流した今井君のお別れの挨拶がありました。12日(水)から7日間という短い期間でしたが、積極的に関わっていた姿が目に焼き付いています。

 最後に手紙でメッセージをくださいました。

「小学生である今、時間はたくさんあります。中学生、高校生になるとどんどん自由な時間は減っていきます。今ある時間をどう過ごすかは自分次第です。みんなには、このかけがえのない時間を大切に過ごしてほしいと思います。」

4月からは大学生として新たな生活が始まる今井君の、さらなる活躍を高瀬小全校児童、職員一同祈っています。

 

0

期待・ワクワク ボランティアチューター来校

 2月12日(水)から20(木)まで、本校の卒業生 今井駿佑さんがボランティアチューターとして来校します。7日間という短い期間ですが、全学年とふれあいます。初日から早速休み時間に児童と一緒に元気に動き回っていました。

「富岡高校から来ました今井駿佑です。6年前に高瀬小を卒業しました。自分が学校にいたときと同じ所もあれば異なる所もあり、新鮮な気持ちで過ごさせていただいています。7日間という短い期間ではありますが、積極的に行動して充実した日々を過ごせたらと思います。久しぶりの給食を楽しみます。」

 

  

0