高瀬小ニュース 《かがやき》

子どもたちが 輝いているとき 《笑顔と感動のドラマ》

お祝い 栄えある三つの受賞~子供たちの頑張り~ 

 ② ③

 ①最優秀学校賞「国土交通大臣賞」      ②上信電鉄賞            ③富岡警察署「感謝状」

第13回「私とみんてつ」小学生新聞コンクールで、全国の中から最優秀学校賞「国土交通大臣賞」と上信電鉄賞を受賞しました。
現在、上信電鉄様の御厚意により、一部車両内に子供たちの作品が掲示されています。

    

また、長年にわたる交通安全教室や子供安全自転車大会への参加等が評価され、このたび富岡警察署から感謝状をいただきました。
高瀬小の子供たちが、様々な場面で活躍していることが各方面から認められ、とてもうれしい気持ちです。

 

0

2020スタート!

 3学期のテーマは「つむぐ」。『友達との絆』『高瀬小の校風』をつむいでいくのが3学期です。2020年が始まるとともに令和元年度の締めくくりとなる3学期に、たくさんのことを紡いでいってほしいとおも思います。

          

                            始業式の前に行われた『ユネスコ作文』の表彰の様子

 

  

   

                                                                               3学期始業式の様子

0

期待・ワクワク 高瀬の伝統を後輩へ

 今秋の運動会で迫力ある演奏と動きで魅了したマーチング。13日は今年主になって活動した6年生から、来年主になる4・5年生へ、思いを伝える『移杖式』が行われました。

 式の始めに、6年生が『聖者の行進』『愛校歌』を披露しました。1年から5年生まで、全員が6年生の最後の演奏に耳を傾けていました。6年生の思いは、しっかりと4・5年生に引き継がれていたように思います。

  

  

   

0

「わら草履づくり」(4年生)~三世代ふれあい事業~

 この活動は、第4学年「総合的な学習」で取り組んでいる『米づくり』の一環として実施し、今年で5年目を迎えます。活動を通して地域のお年寄りと交流を深めるとともに、親子と地域のお年寄りによる“三世代のふれ合い活動”となっています。お金さえ出せばいつでも、何でも買える便利な世の中になりましたが、世界に一つしかない手作りのわら草履を親子でつくる体験を通して、昔の人の知恵を学び、価値ある心の交流ができました。

      

0

ハート “思いやりの花”を咲かせます!

 「相手の気持ちを察して行動でき、折り合いが付けられる子」「思いやりと感謝の心で人や物に接することができる子」を本校では目指しています。

 11月29日(金)の人権集会では、それを実践すべく各クラスから人権宣言がされました。

   

   

   

   

    

   

 

 

0

眼鏡 開校記念行事が心に刻まれました!

 「今年一番の思い出になりました!」行事の感想で、3年生の児童がそう答えました。

 11月17日(日)、開校記念行事では、「ヘリテイジ仮面」とともに「世界遺産 富岡製糸場」ついて学んだり、バンド「T-Hero・s」のファミリーコンサートで一緒に合唱したりと楽しいひとときを過ごしました。劇やコンサートではPTA役員の方や先生も参加し、心に刻まれる行事となりました。

   

   

   

   

0

高瀬小開校記念行事のお知らせ

11月17日(日)は、開校記念行事が行われます。
今年は、富岡製糸場ヘリテイジ仮面ショーと生バンドファミリーコンサートが行われます。保護者の皆様もご覧いただけますので、ぜひ、学校へ足をお運びください。また、午後には授業参観もございます。子供たちが学習に真剣に取り組む姿をぜひご覧ください。   PDFはこちらから→

 

 

0

ひらめき 楽しく走るために

 11月28日に予定されている「校内持久走大会」。持久走は距離が長く、苦手意識をもつ子も多い競技です。しかし、練習を積み重ねることで、記録を伸ばしたり成長を実感できるものでもあります。今回の全校集会は、その持久走練習に向け、楽しく、そして昨年の自分を超えるためのポイントの話でした。

  

   

  

 

 

0

期待・ワクワク 委員会活動頑張っています!

 10月3日の児童集会で、給食委員会と図書委員会の発表がありました。

 給食委員会は、食器の片付け方について、クイズを交えながら紹介しました。図書委員会は、上半期のほんの借りた多さをランキング形式で発表したり、低中高学年ごとにおすすめの本を紹介しました。最後に企画委員より、今月の活動目標の発表がありました。どの委員会も、自主的な活動が見られました。

        

0